資産設計&RM(リスク管理)コンサルティング Future Management & Solutions

MSマガジン

人生、経済生活、常におカネに左右されがちです。
人生に色々なことがありますが、どのような場面においても心豊かな人生の為に、金銭的に自由になることが一般的に理想です。
そのような人生を全うすること(経済的自由人)を目標にしたいものです。
皆様の人生を、より安心で実りあるものにするために、ヒントとなる情報を提供したいと存じます。

マーケット動向・最新の注目ニュース

円売り圧力強まる兆し

2018.07.30
円売り圧力強まる兆し
外国為替市場で円売り圧力が強まる兆しが出ています。海外投資家による日本株の売却に連動した円売り傾向がみられるほか、日本企業の対外投資拡大に伴うドル買い・円売り需要も膨らんでいます。目先はトランプ米大統領のドル高けん制発言や日銀の金融緩和を巡る思惑により円高警戒感が残りますが、その後は円安に傾く可能性もあります。
続きを読む
マーケット動向・最新の注目ニュース

ベトナム、部品産業に厚み

2018.07.27
ベトナム、部品産業に厚み
ベトナム製造業の裾野が拡充、製造業各分野の技術力がレベルアップしています。すなわち部品産業の技術力が厚みを増し製造業全体の底力を押し上げています。最近の米国利上げ観測に伴うドル高で新興国通貨安の局面にあり、むしろベトナム投資チャンス到来の一面もあります。したがってベトナムはまさにチャイナプラスワンへの有力な位置を固めることになります。
続きを読む
マーケット動向・最新の注目ニュース

投信トレンド‥バランス型へ資金流入

2018.07.26
投信トレンド‥バランス型へ資金流入
投資信託での運用は長期スパンが基本ですが、目的・目標設定が決まれば運用期間が決まります。なかでもリタイアメント資金準備のようなリスク限定的な資金性格であればあるほど、当然に集中投資型ファンドよりもバランス運用型ファンドが好まれます。最も長期運用に相応しいものは 世界の株式債券不動産リート等柔軟な運用が可能な国際分散投資型が通常選好されますが 最近はテーマ型ファンドへの資金流入も注目されます。
続きを読む
金融政策・税制・社会保障等

進む「隠れた緩和縮小」

2018.07.25
進む「隠れた緩和縮小」
このところ米ドルが111円割れ、通貨戦争懸念での円高ドル安になる一方で 日銀金融政策の微調整観測が浮上していました。それまで日銀の国債買い入れオペの減額(テーパリング)を継続する見方が金融市場に広がっていました。 元々金利水準が低く市場機能の低下に配慮しながら静かに緩和縮小を継続する構えと見られます。
続きを読む
その他

ベトナム交響楽団、真夏の夜のコンサート

2018.07.24
ベトナム交響楽団、真夏の夜のコンサート
7月20日夜東京で、日越国交樹立45周年を記念してべトナム交響楽団によるコンサートがありました。 ベトナム戦争終結の2年前に日本と国交樹立して45年、今やベトナムは急速な経済発展を遂げています。 国民の平均年齢31歳、勤勉な国民性、親日派が多いことで知られ、現在公共交通や道路等インフラ整備が進展中です。ちょうど50年前の高度経済成長期の日本のようなイメージです。今回交響楽団のメインの演目はドボルザークの「新世界」。東南アジア、ベトナムの将来性がイメージされる交響楽でした。
続きを読む
マーケット動向・最新の注目ニュース

アジア企業、成長際立つIT

2018.07.19
アジア企業、成長際立つIT
近年アジア企業の成長が著しく、稼ぐ力を財務指標で見ても先進国を凌ぐ水準にあります。最終利益を捉えた売上高純利益率では、2017年度アジア主要上場企業(ASIA300)は日米主要企業を上回っています。なかでもIT、ハイテク企業は成長性、資本効率等を加味した総合評価で際立っています。アジア企業の実力は目が離せず 益々経済を牽引していくことでしょう。
続きを読む

最新の記事

  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    脱炭素社会へ大競争時代

    2020.10.27
    脱炭素社会へ大競争時代 菅首相が、26日国会の所信表明演説で、地球温暖化対策について「温暖化ガス2050年までに実質ゼロにする」と宣言しました。この実現には年間10兆円超の投資が必要と試算されています。温暖化対策の方針転換を経済成長につなげるため、カギを握る再生可能エネルギー分野では技術革新が必須課題となります。再生エネルギー、省エネの拡大に加え、水素社会の実現を巡り、世界規模で脱炭素への大競争時代への幕が上がりました。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    再生エネルギーへ政策転換

    2020.10.26
    再生エネルギーへ政策転換 いま世界の株式市場では、太陽光や風力発電などの再生可能エネルギー分野に マネーが集中しています。大統領選での議論に伴い 温暖化ガス排出削減に 向けた政策転換が話題となったことが背景です。早くも株式市場では伝統的な エネルギー企業株式から資金シフトが顕著との記事を取り上げます。ちなみに、 菅首相が 先日 温室効果ガスの排出を「2050年までに実質ゼロにする」と表明 したことも注目されます。 続きを読む
  • その他

    秋うらら(秋麗)、色づく越後湯沢

    2020.10.22
    秋うらら(秋麗)、色づく越後湯沢 秋晴れの一日、今まさに紅葉たけなわに向かう越後湯沢を旅してきました。 スキー場の名所、苗場。総延長5.5KMのロープウェイ、苗場ドラゴン ドラの旅を満喫しました。総天然色の越後連山を見渡せる絶景パノラマ、 今年前半からの鬱憤が雲散霧消する思いを味わいました。撮れたての画像を 皆様にシェアしたいと思います。お楽しみいただければ幸いです。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    未来インフラの波、千葉にも

    2020.10.20
    未来インフラの波、千葉にも 2020年コロナ禍の下、今やデジタル化の動きが目に見える形で加速してきた感があります。 近年、AI(人工知能)やビッグデータに代表される「第4次産業革命」の進展に合わせ 新たなインフラ整備への巨大プロジェクトが具体化しつつあります。その一環で、この 千葉でも「テクノロジー・インフラ」のシンボルとも言える物流の要、データセンターの 建設が始動しています。身近な情報として、本日の関連記事を以下に掲載します。 続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

ご用件
お名前※すべて入力必須。当該内容の回答に使途限定。
ふりがな
郵便番号
ご住所
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容(項目及び年齢層をご記入ください)
・投資(株・債券・為替・投信)・資産形成(金融・不動産)
・リタイアメント・生保(医療含む)・相続 等)

個人情報保護規定(クリックして確認する)