資産設計&RM(リスク管理)コンサルティング Future Management & Solutions

MSマガジン

人生、経済生活、常におカネに左右されがちです。
人生に色々なことがありますが、どのような場面においても心豊かな人生の為に、金銭的に自由になることが一般的に理想です。
そのような人生を全うすること(経済的自由人)を目標にしたいものです。
皆様の人生を、より安心で実りあるものにするために、ヒントとなる情報を提供したいと存じます。

マーケット動向・最新の注目ニュース

量子コンピュータ「超計算」成功

2019.10.24
量子コンピュータ「超計算」成功
科学技術分野 またもやビッグニュース。AI(人工知能)に続くコンピュータ革命、 量子コンピュータの実用化に成功しました。23日付の英科学誌「ネイチャー」に 米グーグルが世界で初めて従来のコンピュータでは困難な問題を解く性能を示す 「量子超越」を達成したと発表しました。一般に暗号技術に使われる乱数をつくる 計算問題を用意し検証したところ、最先端のスーパーコンピュータが約1万年かか るのに対し、量子コンピュータは3分20秒で解くことができたとのことです。 量子コンピュータは「量子力学」と呼ぶ物理法則に従って動きます。テクノロジー 革命を象徴するこのビッグニュースが本日紙面トップを飾っています。以下引用します。
続きを読む
マーケット動向・最新の注目ニュース

ペプチド 安価な新がん薬

2019.10.22
ペプチド 安価な新がん薬
科学技術の進化は著しく、数多の産学共同プロジェクトの中で、化学・生理学医学分野でも著しい動きが注目されます。革新的な医薬品を生みだそうと、たんぱく質の断片である分子、ペプチドへの関心が高まっています。高い効果が見込め成長著しい抗体医薬と、安価に作れ伝統的な低分子医薬品のいいとこ取りができると考えられ、がんや感染症などの治療薬を目指して産学連携が活発です。患者の救済や医薬品産業の活性化につながると期待が膨らんでいます。
続きを読む
マーケット動向・最新の注目ニュース

[75歳から」で増える選択肢

2019.10.21
[75歳から」で増える選択肢
年金受給開始時期の話題です。長寿化に伴いリタイアメント時期、働き方や就労期間もバリエーションが広がります。勿論、健康状態や家計事情により左右されますが、趣味と同様、仕事により社会との関わりが増え、生きがいにも繋がります。より充実した人生を送るために、年金の活用を考えたいですが、年金受給時期は 健康維持がKeyとなります。
続きを読む
マーケット動向・最新の注目ニュース

企業価値基準 ESG

2019.10.18
企業価値基準 ESG
先日、証券アナリスト向けの大変有意義なセミナーに出席してきました。 今年のテーマは「東京五輪後の日本~サステナブルな成長を目指して~」 最近メディアでよく出るキーワーズ、ESG・SDGsが2020年代の最も 重要な企業価値基準になることに注目したセミナーでした。従来企業価値は 財務情報をベースにした評価が中心でした。その代表的な指標がROE (株主資本利益率)です。これにESG(環境・社会・ガバナンス)、すなわち 非財務情報が 東京五輪を境に 重要性を増していくとの予想です。ESGを 意識した経営によりサステナブルな成長を実現する企業がより評価されるとの メッセージです。つまりROE+ESG=ROESG⇒SDGs(持続可能な 成長目標)です。ちなみにROEは主に企業の有形資産による利益率です。 20世紀の経済成長による負の遺産とも言える地球温暖化等環境問題に対して、 人間との共存・調和を目指した表現がESGです。日本の大企業の株価は、 有形資産中心の純資産価値で評価したPBR(株価純資産倍率)で1倍強と 世界最低水準にあります。ところが環境・社会への意識が元来高い日本企業は 無形資産の評価軸とも言えるESGでは大きな潜在価値を有していると推定されます。 今後2020年代の重要指標、ESGについて改めて考えてみましょう。
続きを読む
資産設計・資産運用・リスクヘッジ

重大疾病、貯蓄で備える?それとも保険?

2019.10.16
重大疾病、貯蓄で備える?それとも保険?
長生きに伴い増大する疾病リスクへの備えは必須項目です。仏教用語にある、人生の「四苦」が切実な形で現実味を帯びて来ます。四苦とは従来の「生」「老」「病」「死」から「生」「老」「病」「介」に変りつつあります。つまり寿命が10歳以上伸び90歳代になる代わりに介護期間を余儀なくされるケースです。どなたも最晩年にどのように過ごすか、大なり小なり不安があります。誰しも必ず到達する老後をスマートに過ごせることが理想です。言わば尊厳ある人生を全うする手立てとしてその財源対策を準備することが肝要です。
続きを読む
資産設計・資産運用・リスクヘッジ

長い人生で不可欠の、三大疾病リスク対策

2019.10.15
長い人生で不可欠の、三大疾病リスク対策
最近筆者の友人達がガンと診断されています。正に長寿化の最大のリスクは 重大疾病です。周知のように、特に"三大疾病''とは 日本人の死因の上位にあります、• がん(悪性新生物)• 急性心筋梗塞 • 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)の3つの病気をいいます。これらは普段の生活習慣が原因と考えられており、遺伝の要素はほぼないようです。偏った食生活や運動不足、ストレス、喫煙など毎日の生活の積み重ねによって引き起こされる生活習慣病となります。これらがどの程度の出費を伴うかチェックしてみましょう。 "
続きを読む

最新の記事

  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    オンライン本人確認拡大 

    2020.07.06
    オンライン本人確認拡大  コロナ後の変化が身近に来ました。新型コロナウイルスの感染拡大を機に、オンラインでの本人確認サービスが広がり始めました。政府の助成制度やアルバイトの仲介などの手続きがネット上で完結し、消費者は迅速にサービスを受けられます。行政や企業などのデジタル化が進むなか、スタートアップの技術が下支えしています。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    ヘルスケア分野の最新動向

    2020.07.02
    ヘルスケア分野の最新動向 今年前半、世界的なパンデミックをきっかけに医療分野のイノベーションが加速してきた感があります。 感染症のワクチンや治療薬の研究開発、次世代スパコン、AIやIT技術革新、5Gの導入に伴って、 遠隔医療の進化は目覚ましいものがあります。そして人生の質さえ変化させる可能性が高まっています。 1~2年で医療環境が様変わりとなるかも知れません。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    スパコン「富岳」と 量子コンピューター

    2020.06.30
    スパコン「富岳」と 量子コンピューター 新型コロナウイルスが世界で猛威を振るう中、ワクチンや治療薬の開発にスーパーコンピューターや量子コンピューターを提供する動きが広がっています。日本では先日スパコン世界一となった理化学研究所のスパコン「富岳」が稼働を1年前倒し運用を開始して、いきなり思いがけない初舞台を迎えました。「超高性能コンピューターを活用してワクチンや治療薬の開発、せきによる飛沫の動きのシミュレーションなどを支援することです。高い演算性能を生かして世界的な危機の克服を目指します。プロジェクトの一つが治療候補薬のスクリーニング(探索)です。抗ウイルス薬を含めた約2000種の既存薬のウイルスへの結合を網羅的に試験しています。」狙いはウイルスに作用する化学的な構造を明らかにした上で治療薬を見つけ出すことです。従来も既存薬から治療薬を見つける動きは進んでいましたが、治療効果の確認作業は臨床試験が主体で いわば後付けでした。スパコンの力で治療効果をあらかじめ確かめて治療薬を見つけ出そうというわけです。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    グリーンテック 欧州で存在感

    2020.06.29
    グリーンテック 欧州で存在感 1997年京都議定書、2015年パリ協定、温室効果ガス削減に関する国際的な枠組みが進んでいます。とりわけ欧州で環境対策の技術を持つ「グリーンテック」スタートアップが存在感を高めています。環境分野は採算面から事業化が難しく、産業育成する政策を受け、スタートアップ投資額は4年で7倍に増えました。新型コロナウイルス禍からの復興に向けた欧州連合(EU)や各国の経済対策も追い風となり、欧州発の環境技術が世界に広がる可能性があります。 続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

ご用件
お名前※すべて入力必須。当該内容の回答に使途限定。
ふりがな
郵便番号
ご住所
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容(項目及び年齢層をご記入ください)
・投資(株・債券・為替・投信)・資産形成(金融・不動産)
・リタイアメント・生保(医療含む)・相続 等)

個人情報保護規定(クリックして確認する)