資産設計&RM(リスク管理)コンサルティング Future Management & Solutions

MSマガジン

人生、経済生活、常におカネに左右されがちです。
人生に色々なことがありますが、どのような場面においても心豊かな人生の為に、金銭的に自由になることが一般的に理想です。
そのような人生を全うすること(経済的自由人)を目標にしたいものです。
皆様の人生を、より安心で実りあるものにするために、ヒントとなる情報を提供したいと存じます。

人生設計(資産設計)の考え方

人生100年見据える

2019.11.26
人生100年見据える
今年も人生100年時代が話題となる中で、金融庁絡みで老後2000万円問題が切実さを伴ってクローズアップされました。長寿の必要十分条件として、健康維持、医療保障とともにキャッシュフロー対策が欠かせませんが、個々人の将来を見据えた備えには、中長期的な収支計画と具体的な対策の実行とともにメンテナンスが重要です。
続きを読む
金融政策・税制・社会保障等

取引所改革

2019.11.25
取引所改革
金融庁・金融審議会は、来年度に向けて東京証券取引所の市場改革に向けた方向性を示しました。今の東証1部にあたる市場は海外からの投資を集める優良企業に絞り、東証株価指数(TOPIX)も銘柄を絞り込んだ新指数にするのが望ましいとしました。東証は1部と2部、マザーズ、ジャスダックという4市場で構成されますが、位置づけが曖昧で、投資家から見て上場企業の特徴がつかみづらいとの批判があります。金融審は4市場について、現在の1部にあたり世界から投資を集める「プライム市場」、中堅企業の「スタンダード市場」、スタートアップ企業を中心とする「グロース市場」の仮称で3つに再編するとしました。焦点は「日本を代表し、投資対象として優良な企業が集まる市場」と位置づけるプライム市場です。現1部市場には10月末時点で2155社が上場し、東証全体の58%を占めます。再編では時価総額や流通する株式の多さ等で企業を線引きし、世界の投資家から評価されるように企業統治の充実も求めています。
続きを読む
マーケット動向・最新の注目ニュース

心臓が量産品に変わる日

2019.11.21
心臓が量産品に変わる日
近年、毎年のように日本を初め世界的にノーベル生理学・医学賞が相次いでいます。基礎研究に続き、医療や創薬分野にも様々な成果が生まれ、医療技術の進化が顕著となっています。今回はそのような話題を取材・特集した とても興味深い記事を見つけましたので、以下 ご紹介します。昔SF映画で観たことが現実化しそうな近未来の内容に心が躍ります。
続きを読む
マーケット動向・最新の注目ニュース

肺・食道・固形がんに応用

2019.11.19
肺・食道・固形がんに応用
一部の白血病で効果のある免疫細胞でがんを攻撃する「CAR-T療法」の対象を、患者の多い食道がんや肺がんといった様々な固形がんにまで広げる研究が進みます。三重大学は皮膚がんや食道がんなどにある特定の分子を目印に攻撃する方法を開発しました。慶応義塾大学なども効果を高める目印となる分子を見つけました。血液のがんに限られた高い効果を固形がんでも実現できれば、がん治療を大きく変える可能性があります。以下、11/18日経掲載記事を引用します。
続きを読む
マーケット動向・最新の注目ニュース

スタートアップ企業、バイオ上位3割

2019.11.18
スタートアップ企業、バイオ上位3割
テクノロジーを事業価値に結実させる企業群、11/18日経紙の記事に注目します。特にバイオ・医薬品のスタートアップ企業の存在感が高まっています。日本経済新聞社が実施した2019年の「NEXTユニコーン調査」で従業員1人当たり企業価値を調べたところ、上位20社に7社が入りました。金額は3億4千万円で人工知能(AI)と並びます。遺伝子を手軽に操作できる「ゲノム編集」など最新技術で、医療を変える役割を担おうとしています。
続きを読む
マーケット動向・最新の注目ニュース

ベトナム投資の好機到来か

2019.11.14
ベトナム投資の好機到来か
ベトナム経済の成長率は、米中貿易摩擦激化のなか堅調に推移し、2019年は6.6%強、輸出の伸び率は12.7%を見込んでいます。2020年以降6%後半~7%に迫る勢いです。 30代前半中心の人口ピラミッドと1人当たりGDP3000ドル以下のベトナム経済は日本の1960年~1970年代の日本と同じ成長ポテンシャルを秘めています。現在のベトナムには企業の売上高の伸びを支えるマクロ経済力はありますが、まだ十分ではありません。米中貿易摩擦に伴う恩恵はあるものの、多くのプロジェクトは小規模で技術水準はまだまだ低いです。今後2030年までに外国直接投資と官民協力の法整備強化が予定されており、 インフラ投資増大とともに伸びしろは大きいです。また資本市場の自由化とともにMSCI格上げ(ベトナム株式をフロンティア市場⇒新興市場に)に向けて法整備される予定です。
続きを読む

最新の記事

  • その他

    新型ウィルス、遺伝子解析とAIの威力

    2020.04.07
    新型ウィルス、遺伝子解析とAIの威力 今まさに世界は新型ウィルスによるパンデミック状態となるなか、新型ワクチンや治療薬の開発が焦点となっています。今後もこのようなリスクはありえます。超高齢社会に突入した今、将来このリスク対策の鍵を握るのが「先制医療」ではないでしょうか。感染症ではないですが ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーは数年前、がん予防のために乳腺除去の手術に踏み切ったことは有名です。乳がんが見つかったからではありません。遺伝子検査の結果、乳がん感受性遺伝子である「BRCA1」に変異が見つかったからです。この遺伝子に変異がある女性の80%は、将来乳がんを発症し、50%ぐらいが卵巣がんになるとの統計データがあります。彼女はがんを発症する前に、“先制”して対応したのです。遺伝子解析が進化する今、注目されるのが「先制医療」です。アンジェリーナ・ジョリーの手術は「先制医療」に他なりません。では「先制医療」と「予防」は 何が違うのでしょうか? " 続きを読む
  • 資産設計・資産運用・リスクヘッジ

    個人の長期投資、膨らむ助言需要

    2020.04.06
    個人の長期投資、膨らむ助言需要 新型コロナウイルスの影響による株式相場の下落を契機に、投資に踏み出す人が増えています。短期的に不透明感が強いですが、中長期で相場が回復すれば将来の資産形成に役立つ可能性があります。株式投資を本格的に始めるための証券口座の開き方や選び方、投資の際の注意点など確認しましょう。そんな中で 独立系金融アドバイザー(IFA)を経由した個人の投資が膨らんでいます。大手IFAが提携する証券口座への3月の資金流入額は2019年の月間平均から倍増しました。新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした世界的な株安を背景に個人の投資意欲が高まる一方、金融市場の不安定化で専門的な助言に対する需要も高まっているためです。IFA市場が本格的に拡大する兆しが出てきました。 続きを読む
  • 資産設計・資産運用・リスクヘッジ

    今「おカネに働かせる法」を考える

    2020.04.02
    今「おカネに働かせる法」を考える 世界的に新型コロナウィルスが蔓延し、パンデミック状態を呈しています。 収束には しばらくかかりそうです。これから経済への影響拡大が懸念されます。緊急経済対策が予想されるものの、個人レベルでも資産設計と様々なリスクをチェックする機会とも言えます。最近の事態は今に限ったことではなく、将来いつでも起こり得ることでもあります。そのようなリスクの発生も視野に入れた対策も検討しておくことが肝要です。今回は疾病リスクに因んで、「いざという時に」必要なキャッシュフローの備え方と、より安心で安全な準備策を考えます。 続きを読む
  • 人生設計(資産設計)の考え方

    2020春.資産設計相談会

    2020.04.01
    2020春.資産設計相談会 MSマガジン創刊400号を記念して 2020特別相談会をご案内いたします。 2020年2月~コロナショックにより世界的に株式相場が暴落、社会はかつてないような 異質の混乱状態が続いています。しかし振り返れば、 約10年毎に世界のマーケットは暴落を 契機に大きな調整・転換期を迎えています。この波乱は全て資産形成の好機でもありました。 この激動期を 金融資産再構築への 長期資産設計の機会ととらえる考え方もあります。 そこで、今月より特別価格にて個別相談に対応させていただきます。ご希望される方のご予約をお受けします。 今の難局の先にある 2020年代の近未来を見据え、新たな時代の 潮流に乗り航行できるよう より安心で実りある資産形成に向け お役に立ちたいと存じます。 続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

ご用件
お名前※すべて入力必須。当該内容の回答に使途限定。
ふりがな
郵便番号
ご住所
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容(項目及び年齢層をご記入ください)
・投資(株・債券・為替・投信)・資産形成(金融・不動産)
・リタイアメント・生保(医療含む)・相続 等)

個人情報保護規定(クリックして確認する)