資産設計&RM(リスク管理)コンサルティング Future Management & Solutions

MSマガジン

人生、経済生活、常におカネに左右されがちです。
人生に色々なことがありますが、どのような場面においても心豊かな人生の為に、金銭的に自由になることが一般的に理想です。
そのような人生を全うすること(経済的自由人)を目標にしたいものです。
皆様の人生を、より安心で実りあるものにするために、ヒントとなる情報を提供したいと存じます。

マーケット動向・最新の注目ニュース

手術ロボ広がる選択肢

2020.08.06
手術ロボ広がる選択肢
Ahmad ArdityによるPixabayからの画像 

  ≪最新の日経記事から≫

医師・患者 双方に優しく、
新規参入も 器具操作 
正確に/体の負担軽減


外科手術へのロボットの活用が広がっています。医師が手術器具を正確に動かせるようロボットが支援、安全性を高めます。患者の体への負担も軽くでき入院日数などを減らしやすいです。外科手術の水準を底上げする"助っ人"として活躍の場が増えそうです。


「患者には傷の少ない手術ができ、医師には危ない器具操作をしないよう助けてくれる」。埼玉医科大学国際医療センター(埼玉県日高市)の小山勇名誉病院長は手術ロボットのメリットを話します。2019年から大腸がんや子宮がんの手術に使い始めました。



患者の腹部に小さな穴を複数開け、その穴から器具を挿入する内視鏡手術が対象です。ロボットアームに内視鏡や治療器具を取り付け、少し離れた医師がディスプレーを見ながら手元のハンドルで操作します。米トランスエンテリックス社の「センハンス・デジタル・ラパロスコピー・システム」と呼ぶロボットで、同院がアジア地域の医療機関で初めて導入しました。

内視鏡を使う手術は開腹手術に比べて患者の体への負担を小さくできます。ただし医師にとっては開腹手術よりも技術的に難しいです。視野が狭くなり器具を動かせる範囲も限られるため、組織や血管を傷つけやすいです。

そこで患者の体への負担を抑えつつ手術の安全性も高めるのがロボットの役割です。医師はディスプレーに映る高精細の内視鏡映像を見ながら、手元のハンドルで器具を狙った位置に動かします。人間の手では難しい緻密な操作ができ「経験の差によらず精度や再現性の高い手術ができる」(小山氏)のが強みです。がんを確実に切除したり出血量を減らしたりしやすいです。



ロボットを使う手術は日本では約20年前に始まりました。米インテュイティブサージカル社の「ダビンチ」が数百台導入され、前立腺がんなどの内視鏡手術に使われてきました。18年に公的保険の対象が胃がんや肺がんなどにも広がり、症例数は増えています。

一方、ここにきてダビンチの主要特許が切れたことで、メーカーの新規参入も相次ぎます。センハンスもその一つです。すでに数十カ国で利用が始まり、日本では19年7月に保険が適用されました。 センハンスの基本的な仕組みはダビンチと同じです。新たな特長は「触覚を感じられるなど従来の内視鏡手術に近い感覚で手術できる」(小山氏)ことです。臓器の硬さや糸の張り具合などを手元のハンドルに伝える仕組みを搭載しました。従来の内視鏡手術と太さや使用感が同じ器具が使えます。医師の目の動きでディスプレーに映る内視鏡映像を切り替えられるようにもしました。

ロボットの利用は整形外科領域にもじわり広がっています。日産厚生会玉川病院(東京・世田谷)は昨年、手術用ロボット「メイコーシステム」を導入しました。米ストライカー社製で、股関節や膝関節を人工関節に置き換える手術に使います。19年6月に股関節、同年7月に膝関節の手術に保険が適用されました。

股関節の手術では骨盤と大腿骨のつなぎ目の骨や軟骨を取り除き、金属やプラスチック製の人工関節に置き換えます。メイコーシステムは骨を削る器具などをロボットアームに装着します。患部の位置を赤外線で追跡しながら、術前の計画と器具の動きが精密に一致するようにロボットアームが動きます。

例えば骨を削る場面では、医師が器具を患部に近づけるとロボットアームがぐっと力を加えて最適な位置に導きます。器具を押し込んで骨を削る際も軸が自動的に固定されるため誤差なく削りやすい。手術の精度が上がるため、人工関節と骨が隙間なく密着するといいます。玉川病院の松原正明副院長は「手術計画さえ立てればロボットに"お任せ"に近い感覚だ」と話します。
患者側にもメリットが大きい。「術後に痛みを感じにくいため、早期にリハビリを始めて退院できる」(松原氏)

ロボットは「手術のデジタル化をもたらす」(埼玉医科大学国際医療センターの小山氏)側面もあります。ロボットに集まるデータや人工知能(AI)を駆使すれば「熟練医の優れた手術を再現できるようになる」からです。医師の経験に頼らず安全な手術ができれば、直面する外科医不足への有効な対策になります。

離れた場所にあるロボットを操作する「遠隔手術」も現実味を帯びてきました。既に日本外科学会が指針作りに着手。玉川病院の松原氏は「5G」など次世代の高速通信技術が普及すれば「遠隔でも質の高い手術ができるだろう。医師の働き方や役割の見直しにもつながる」と期待しています。



がん治療 微小カプセルで 
東大など マウス実験、
悪性脳腫瘍に効果

川崎市産業振興財団のナノ医療イノベーションセンターと東京大学は、悪性脳腫瘍の患部に薬剤を集めて治療する技術を開発しました。極めて微小なカプセルががん細胞に入り込みます。マウスを使った実験で効果を確かめました。数年後の臨床試験(治験)開始を目指します。

治療対象となるのは、脳腫瘍の中で最も悪性度が高い膠芽腫(こうがしゅ)です。他の臓器から転移するのではなく、脳で発生します。40〜70代の患者が多く、国内では推定で毎年2千人ほどが新たに診断されます。現在は外科手術で摘出した後に抗がん剤や放射線で治療していますが、5年生存率は10%ほどと低いです。

研究グループは、急性白血病や胃がんなどの治療に使われる「エピルビシン」という薬を高分子で覆い、直径約50ナノ(ナノは10億分の1)メートルのカプセルを作りました。カプセルは正常な細胞には取り込まれにくく、がん細胞の中だけ薬を放ち、効果的に治療できるといいます。

がん免疫薬との併用療法を膠芽腫のマウスで試しました。治療しなければ1カ月以内に死んでしまうのに対し、70日間以上生き延びました。

従来の技術ではカプセルのサイズが大きく、肝臓で分解されてしまう問題があり、副作用も強かったです。小さくすることで分解されなくなり、患部のがん細胞に効率的に届きます。そのまま投与する場合と比べると、届く薬の量は165倍になりました。

参考:2020.4.9掲載 「不治の病」克服―命のテクノロジー進化
   https://www.manage-solution.jp/blog/entry/127



最新の記事

  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    ポストコロナ社会。働き、学び、地域創生

    2020.09.25
    ポストコロナ社会。働き、学び、地域創生 2020年は、新型コロナショックにより、人々の考え方・行動様式・働き方等が根本的に変わりつつあります。 9月16日 菅内閣が成立、目玉である規制改革の一環でデジタル化を経済政策・成長戦略の柱に動き始めました。 東京一極集中から地方創生につながるDX(デジタル・トランスフォーメーション)革命がベースとなる大変化です。 前安倍政権からの「働き方改革」を地方で 具現化するはっきりとした形を成してきました。2020年代、あと戻り できない「社会構造変化」の波を迎えます。9月16日 和歌山を皮切りに、10月、11月にかけて鳥取、妙高で 「ワ―ケ―ション会議」が連続開催されます。この「ワ―ケ―ション(Work+Vacation)」に フォーカスします。 続きを読む
  • 資産設計・資産運用・リスクヘッジ

    資産運用の相談先

    2020.09.23
    資産運用の相談先 コロナ禍で、世界的に超低金利が更に長引く様相です。一般個人にとって、固定金利商品による資産形成・運用は至難の業です。 かつて 年7%を複利で運用すれば、元金は10年で倍増しました。ゼロ金利での資産運用では1000年超でも不可能です。経済・金融知識を身に付け、少しリスクを取れば、有利に運用することは可能です。その為には良い指南役を選ぶことが肝要です。コロナショックのお陰で、社会が様変わりしそうな今、チャンスは少なくありません。資産運用の相談先をご紹介します。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    菅内閣発足に伴う相場兆候

    2020.09.17
    菅内閣発足に伴う相場兆候 菅内閣の発足が関心を集めるなかで、東京株式市場では 先行きを地道に探ろうとする投資家が注目するのが、景気の先行指標としてのモノの動きです。生産体制の正常化などを背景に一部では荷動き回復の兆しがあり、関連銘柄には先回りの買いが入っています。そして中小型株に投機資金が向かっています。中小型株は大型株に比べて値動きが軽く、先々の業績期待を早めに織り込みやすいです。内需関連が多く、国内景気の先行きを占ううえで参考になります。現状は一部の業績に限られますが、物色対象が広がれば、息の長い価値上昇につながる可能性があります。 続きを読む
  • 不動産と動産と金融商品

    国際株式型投信、為替ヘッジ有り無し

    2020.09.15
    国際株式型投信、為替ヘッジ有り無し 国際株式型投信を選ぶ際、為替ヘッジの有り無しを迷う場合があります。 日本円で投資する場合 為替の選択は重要です。歴史的に円高ドル安に振れた時代が 長かったので、その影響はとても大きかったからです。しかしながら今世紀に入り、 特に2012年末から前安倍政権が発足して以降、大規模金融緩和・低金利化に伴い むしろ円安ドル高傾向が続きました。今年に入り コロナ禍に伴い超低金利化が加速 しました。また米中貿易戦争やアジア太平洋情勢の緊迫化に伴い、政治的リスクは 増しています。円投資ゆえ 為替リスクは避けられませんが、先行き長期的には国際 投資としての妙味もあります。本日は 投資信託の為替ヘッジにフォーカスするとと もに、今年3月末に国際株式投信を為替ヘッジなしで投資した実例をご紹介します。     続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

ご用件
お名前※すべて入力必須。当該内容の回答に使途限定。
ふりがな
郵便番号
ご住所
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容(項目及び年齢層をご記入ください)
・投資(株・債券・為替・投信)・資産形成(金融・不動産)
・リタイアメント・生保(医療含む)・相続 等)

個人情報保護規定(クリックして確認する)