資産設計&RM(リスク管理)コンサルティング Future Management & Solutions

MSマガジン

人生、経済生活、常におカネに左右されがちです。
人生に色々なことがありますが、どのような場面においても心豊かな人生の為に、金銭的に自由になることが一般的に理想です。
そのような人生を全うすること(経済的自由人)を目標にしたいものです。
皆様の人生を、より安心で実りあるものにするために、ヒントとなる情報を提供したいと存じます。

マーケット動向・最新の注目ニュース

量子計算、開発競争本格化

2020.02.13
量子計算、開発競争本格化

  ≪2/13日経新聞より≫

各国、汎用機で競う

「グーグルのあの発表はすごいが、まだ逆転のチャンスはある」。東芝の後藤隼人主任研究員が語る「あの発表」とは、2019年10月にグーグルが発表した「量子コンピューター」のことだ。最先端のスーパーコンピューターで約1万年かかる計算を約3分で解いたと発表し、世界を驚かせた。

量子コンピューターは人類が到達できる究極のコンピューターとされる。AIの発展で、今後飛躍的に増えるデータ処理を支える未来の計算基盤だ。世界の研究者たちは「グーグル超え」を狙う。



日本経済新聞社と知的財産データベースを運営するアスタミューゼの共同調査によると、17年の量子コンピューターに関する特許出願数は、米国が世界全体の52%を握り首位を維持した。00〜19年の出願ランキングを企業別にみても、上位10位にインテルなど米5社が並んだ。

企業別首位はカナダのDウエーブ・システムズで、11年に世界で初めて量子コンピューターの商用化に成功した。13年に同社の製品を2番目の顧客として買ったのがグーグル。先頭を走るカリフォルニア大学サンタバーバラ校からジョン・マルティニス教授や学生を丸ごと迎え入れ、本格的な開発に乗り出した。

Dウエーブの量子コンピューターは営業の最短ルートを選んだり、飛行機や電車の時刻表を作ったりする「最適化問題」に特化したもの。一方、グーグルが開発した「汎用型」はあらゆる計算ができる量子コンピューターの「本丸」で、世界の頭脳が開発を競う。

東芝、理論研究強み

10年まで特許出願数で世界の首位に立っていた日本の企業も巻き返しを狙う。

グーグルのコンピューターの量子ビットの数は53で、実用化には百倍、千倍と増やしていく必要がある。東芝の後藤主任研究員は「さらにいくつかブレークスルーが必要だ」と話す。それを見つければまだ挽回が可能だ。質のランキングで3位に入った東芝はこの分野の理論研究に強い。

NECはDウエーブに出資する計画があるほか、産業技術総合研究所と共同で量子コンピューターの開発を目指す。NTTもレーザー光の量子論的な性質を使って独自の最適化専用型を開発する。米IBMはコンピューターのビット数にあたる量子ビット数はまだ少ないが、汎用の量子コンピューターをクラウド経由で提供し始めた。




中国、暗号など重視

出願数で2位だった中国は量子を計算に使う量子コンピューターではなく、通信や暗号に応用する分野に注力している。

科学技術振興機構研究開発戦略センターによると、中国で出願された「量子暗号」や「量子通信」の特許数は米国や日本を圧倒する。盗聴不可能な通信や暗号を作れるため、人工衛星との通信や国防の観点から重視しているようだ。華為技術(ファーウェイ)などの出願が多い。

中国は16年からの「科学技術イノベーション第13次5カ年計画」で量子関連を重要分野と位置づけ、投資額が1兆円規模とされる研究拠点を建設中だ。

米政府は21年度予算案に、2年で950億円と1年あたりの研究費を倍増する計画を盛り込んだ。

国家間の主導権争いの様相を呈するなか、日本政府も20年から量子技術への研究予算を年間300億円に倍増する方針を示した。日本は長年の蓄積から幅広い技術分野の研究者が国内にいるのが強みだが、複数の研究所に散っている。巨額の投資で人を集める米中と競うには研究体制の見直しも必要だ。

量子コンピューターで次世代の競争を制するのはどこか。資金力と人材の総力戦になる。

最新の記事

  • その他

    顧客本位のFA「見える化」する動き

    2020.02.20
    顧客本位のFA「見える化」する動き 昨年は老後2000万円問題、金融商品の不適切販売が一種の社会問題化しました。 人生100年時代には、マネープランや資産設計に関するアドバイザー(助言者)の 存在が重要となります。様々な業態の金融アドバイザーの内、誰が真に顧客本位か 見極めることが肝要です。日本より20年以上先行しているとされる米国の独立系 金融アドバイザーの実態をご紹介するとともに、日本の顧客サイドに立ったアドバイ ザーになり得る業態をクローズアップします。今年は金融アドバイザーの団体が 相次いで設立されますが、誰が真に顧客本位か、「見える化」の動きが注目されます。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    ESG、投資家にアピール

    2020.02.18
    ESG、投資家にアピール 今月初め 英国の非政府組織(NGO)CDP(Carbon Disclosure Project)が発表した気候変動リポートが機関投資家の関心を集めました。 気候変動が企業に与える経営リスクの観点から、世界の主要企業の二酸化炭素排出量や気候変動への取組みに関する情報を分析・評価したものです。 調査対象の世界8000社で最高ランク「A」を獲得した179社の内、日本企業が最多の38社もありました。ROEなど財務指標が過去の成績を 示すのに対して、ESGに優れた企業は 社会の発展に貢献し、将来も持続的に成長するとの考え方からESGは企業価値に直結するとの見方です。 2018年の世界のESG投資残高は31兆㌦(3400兆円)に達し急拡大しています。2020年代のメジャーな企業投資基準となっています。本日の 日経新聞1面で紹介されていますので、そのまま掲載します。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    2020年、地球環境への分水嶺

    2020.02.17
    2020年、地球環境への分水嶺 2020年の幕開けとともに新型肺炎問題が 世界経済や金融市場に大きな影響を与えています。 この動向は単にウィルス・感染症にとどまらず、地球環境問題へ波及しそうな連想が働きます。 今回は2020年代世界の重要テーマに格上げされてきたESGに絡めて、日本の海運企業の 脱石油への経営方針転換と、機関投資家サイドの取り組みに関する日経記事に注目します。 続きを読む
  • その他

    2020年の選択!セミナーハイライト

    2020.02.14
    2020年の選択!セミナーハイライト 2月9日新春特別セミナー、おかげさまで皆様からご好評をいただきました。ハイライトとして一部ご紹介いたします。 因みに今回のテーマは「人生の節目で、着手すべきこと」でした。2020年世界的に波乱含みの幕開けとなっていますが、 あまり目先にとらわれず、長期的な観点で何が大事かをお伝えしました。2時間強のセミナーで、特別講師による 「エンディングノート」の貴重な話も注目されましたが、ここでは2020年代の展望に関する部分をトピックス的に 掲載します。テクノロジー進化、アジア諸国の発展とともに2020年代の重要な株式投資基準に関する資料です。 続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

ご用件
お名前※すべて入力必須。当該内容の回答に使途限定。
ふりがな
郵便番号
ご住所
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容(項目及び年齢層をご記入ください)
・投資(株・債券・為替・投信)・資産形成(金融・不動産)
・リタイアメント・生保(医療含む)・相続 等)

個人情報保護規定(クリックして確認する)