資産設計&RM(リスク管理)コンサルティング Future Management & Solutions

MSマガジン

人生、経済生活、常におカネに左右されがちです。
人生に色々なことがありますが、どのような場面においても心豊かな人生の為に、金銭的に自由になることが一般的に理想です。
そのような人生を全うすること(経済的自由人)を目標にしたいものです。
皆様の人生を、より安心で実りあるものにするために、ヒントとなる情報を提供したいと存じます。

マーケット動向・最新の注目ニュース

米利下げ再開か?

2020.02.04
米利下げ再開か?
きなこもちさんによる写真ACからの写真 

  ≪2/4日本経済新聞より≫





景気減速リスク、物価上昇率鈍く
円高圧力再燃も


3日の東京外国為替市場で円相場はおおむね1ドル=108円台半ばで推移した。新型肺炎への警戒から1月31日の米市場では108円30銭台まで上昇したが、意外なほど円高は進まなかった。

「中国人民銀行(中央銀行)の公開市場操作を通じた巨額の資金供給が市場の不安心理を抑え込んだ」「取引を再開した中国本土の株式相場下落も想定の範囲内だった」。市場で飛び交ったのはこんな楽観論だった。

だが、あるヘッジファンドの投資責任者は「3日の相場は特殊な動き」とみる。「新型肺炎の問題が収束する兆しはみえず、経済面の影響の大きさも読み切れない」として、当面は円買い・債券買いを進める構えだ。

市場参加者が中国発の世界景気減速シナリオに身構え始めた様子は、米金融政策に対する見通しの変化にも表れている。

米金利先物の値動きから金融政策を予想する「フェドウオッチ」をみると、7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)までに利下げが実施される確率は、年初の時点で25%程度だった。ところが足元(2月2日時点)では70%強に急上昇している。12月のFOMCまで展望すると、利下げ確率は年初の5割が9割近くまで跳ね上がった。

利下げを後押しする材料として、新型肺炎問題とともに市場が注視するのが米国の物価動向だ。FRBが重視する食品とエネルギーを除く個人消費支出(PCE)物価指数の上昇率は2019年12月時点で1.6%。2%の目標を12カ月連続で下回った。パウエルFRB議長は1月FOMC後の記者会見で「2%以下の物価上昇が長く続くことを好ましく思っていない」と強調している。

FRBの次の一手を読むうえで、一つの節目になりそうなのが年央に終える予定の金融政策の枠組みの見直しだ。米JPモルガンは足元の物価の弱さを踏まえ、将来に2%目標を上回る物価上昇を続けることで埋め合わせる手法の導入を予想している。このタイミングで利下げに踏み切ることもあり得るとみる。

すでにリスク回避の動きと利下げ時の債券価格上昇を狙った動きを巻き込みながら、米国の10年物国債利回りは急ピッチで低下している。1月末には一時、節目の1.5%を約5カ月ぶりに割り込んだ。10年債の日米金利差は1.572%と16年9月以来の低水準だ。

当時 円相場は1ドル=100円台前半で推移しており、現在は日米金利差が縮んだ割に円安の水準にとどまっている。だが、過去の金利差との相関から乖離(かいり)した円安がいつまで続くのか。「米10年債金利は1.3%台まで下がりうる」(ヘッジファンド 投資責任者)との声も出るなか、円高圧力が強まるリスクは消えない。

最新の記事

  • その他

    顧客本位のFA「見える化」する動き

    2020.02.20
    顧客本位のFA「見える化」する動き 昨年は老後2000万円問題、金融商品の不適切販売が一種の社会問題化しました。 人生100年時代には、マネープランや資産設計に関するアドバイザー(助言者)の 存在が重要となります。様々な業態の金融アドバイザーの内、誰が真に顧客本位か 見極めることが肝要です。日本より20年以上先行しているとされる米国の独立系 金融アドバイザーの実態をご紹介するとともに、日本の顧客サイドに立ったアドバイ ザーになり得る業態をクローズアップします。今年は金融アドバイザーの団体が 相次いで設立されますが、誰が真に顧客本位か、「見える化」の動きが注目されます。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    ESG、投資家にアピール

    2020.02.18
    ESG、投資家にアピール 今月初め 英国の非政府組織(NGO)CDP(Carbon Disclosure Project)が発表した気候変動リポートが機関投資家の関心を集めました。 気候変動が企業に与える経営リスクの観点から、世界の主要企業の二酸化炭素排出量や気候変動への取組みに関する情報を分析・評価したものです。 調査対象の世界8000社で最高ランク「A」を獲得した179社の内、日本企業が最多の38社もありました。ROEなど財務指標が過去の成績を 示すのに対して、ESGに優れた企業は 社会の発展に貢献し、将来も持続的に成長するとの考え方からESGは企業価値に直結するとの見方です。 2018年の世界のESG投資残高は31兆㌦(3400兆円)に達し急拡大しています。2020年代のメジャーな企業投資基準となっています。本日の 日経新聞1面で紹介されていますので、そのまま掲載します。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    2020年、地球環境への分水嶺

    2020.02.17
    2020年、地球環境への分水嶺 2020年の幕開けとともに新型肺炎問題が 世界経済や金融市場に大きな影響を与えています。 この動向は単にウィルス・感染症にとどまらず、地球環境問題へ波及しそうな連想が働きます。 今回は2020年代世界の重要テーマに格上げされてきたESGに絡めて、日本の海運企業の 脱石油への経営方針転換と、機関投資家サイドの取り組みに関する日経記事に注目します。 続きを読む
  • その他

    2020年の選択!セミナーハイライト

    2020.02.14
    2020年の選択!セミナーハイライト 2月9日新春特別セミナー、おかげさまで皆様からご好評をいただきました。ハイライトとして一部ご紹介いたします。 因みに今回のテーマは「人生の節目で、着手すべきこと」でした。2020年世界的に波乱含みの幕開けとなっていますが、 あまり目先にとらわれず、長期的な観点で何が大事かをお伝えしました。2時間強のセミナーで、特別講師による 「エンディングノート」の貴重な話も注目されましたが、ここでは2020年代の展望に関する部分をトピックス的に 掲載します。テクノロジー進化、アジア諸国の発展とともに2020年代の重要な株式投資基準に関する資料です。 続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

ご用件
お名前※すべて入力必須。当該内容の回答に使途限定。
ふりがな
郵便番号
ご住所
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容(項目及び年齢層をご記入ください)
・投資(株・債券・為替・投信)・資産形成(金融・不動産)
・リタイアメント・生保(医療含む)・相続 等)

個人情報保護規定(クリックして確認する)