資産設計&RM(リスク管理)コンサルティング Future Management & Solutions

MSマガジン

人生、経済生活、常におカネに左右されがちです。
人生に色々なことがありますが、どのような場面においても心豊かな人生の為に、金銭的に自由になることが一般的に理想です。
そのような人生を全うすること(経済的自由人)を目標にしたいものです。
皆様の人生を、より安心で実りあるものにするために、ヒントとなる情報を提供したいと存じます。

マーケット動向・最新の注目ニュース

現代貨幣理論MMTは実現可能か

2019.08.05
現代貨幣理論MMTは実現可能か
jeff liによるPixabayからの画像


<日経8/5版 経済教室より引用>

国民の納得・生産性向上 課題


現代貨幣理論(MMT)は「政府が財政赤字を悪化させても、自国通貨建て借金ならば債務不履行には陥らない」と主張する。米国史上最年少の女性下院議員(民主党)に就いたアレクサンドリア・オカシオコルテス氏が同理論を基に、教育・医療や地球温暖化対策などの政府支出を増額すべきだと主張し注目された。

財政拡大政策への関心の高まりは、金融緩和政策への失望と裏腹でもある。世界金融危機後に、短期金利のゼロ金利制約に直面した先進国の中央銀行は量的緩和を実施し、マイナス金利や長短金利操作など多様な手段も実験した。だが総需要の拡大やインフレ目標の達成は果たせず、リスク資産価格の高騰、資産格差の拡大、金融機関の収益抑制などの副作用も目立つ。

世界的な景気減速懸念と物価安定の実現が遠のき、先進国の中央銀行は再び金融緩和へと傾斜するが残された手段は少ない。閉塞感が募る中で新たなアプローチが模索されており、MMTが脚光を浴びている。

日本については、MMT提唱者の一人ステファニー・ケルトン米ニューヨーク州立大教授が「MMTの債務に関する予測が正しいことを示した」と主張して議論を呼んだ。世界では日本が既にMMTを実践中との見方も広がるが、日銀の大量国債保有と当座預金の膨張やゼロ%水準での10年金利安定化政策がMMTの主張と似ていることによる誤解もあるようだ(図参照)



本稿では、MMTの本質を解説したうえで、MMTを日本に適用した場合の提案内容を推察し、実践上の課題を考察する。

◇   ◇

MMTは需要拡大効果として歳出拡大を金融緩和よりも重視し、インフレ調整手段として税金が金利よりも効果的だとみなす。利下げは必ずしも需要拡大をもたらさないが、歳出拡大は直接的な雇用拡大により総需要を刺激できるからだ。政府は自国通貨(中銀当座預金)で歳出を増やし、債務拡大をためらわずに完全雇用と物価安定を目指すべきだと主張する。

財源調達のための増税も国債発行も必要ない。中銀当座預金の増加は金利を下押しするので民間投資のクラウドアウト(押し出し)も起きない。景気過熱で大幅なインフレになれば、増税で抑制し自国通貨を吸収(中銀当座預金を縮小)できるとの見解だ。自国通貨での増税はインフレ調整手段のほか、民間の自国通貨需要を高めその価値を維持する役割があると考える。

一方、金融政策はゼロ%程度の金利政策を維持し、財政政策効果を最大限に高める黒子役に徹すべきだと主張する。利下げには「実効下限制約」があるほか、利下げをしても企業の成長期待や家計の収入期待が低迷していれば信用貸し出しは増えない。利息の減少で債権者・預金者の収入が減ることで消費が減退し、債権者から債務者への不公平な所得移転も伴う。

これらの状況を悪化させるマイナス金利政策には否定的だ。利下げで民間債務が膨張すれば、バブルや民間債務危機など金融不安定リスクを高める。金融政策は「金利は下げられてもインフレには影響を及ぼせない」という現代中央銀行制度に挑戦的な結論を導く。

◇   ◇

MMTが実際に機能するには少なくとも3条件を満たす必要があろう。第1に歳出で労働生産性を高めるインフラ、教育・研究開発などへの配分を優先させ、潜在成長率を高めてインフレリスクを下げることだ。

第2に自国通貨発行で歳出拡大を増やし、投資家のセンチメント(心理)に左右される債券市場での国債発行を減らし、かつ国内で外貨取引が横行する「ドル化」現象を回避することだ。

第3に民間部門は銀行・民間債務危機に陥らないよう中長期的に債務の持続性を維持することが必要だ。MMTによれば、政府債務拡大は民間部門の純資産を増やし将来の消費を可能にする利点がある一方で、民間債務拡大は民間純資産を減らし将来消費を抑制するので増やし続けられない。

日本では大掛かりな金融緩和を6年以上続けるが、2%物価安定目標は未達成だ。人手不足は深刻化しているが、労働生産性の伸び悩みにより実質賃金が低迷し、家計の可処分所得も長く低迷している。多くの国民は社会保障制度への不安から老後を懸念し、家計に余裕があれば預貯金や借金返済を優先している。

設備投資は更新・省力化投資やIT投資を中心に増えている。だがイノベーション(技術革新)や全要素生産性が高まらないと、人手不足による成長制約から成長力は減衰するだろう。

MMT論者の具体的な提言を予測すると、食料・エネルギーを除くインフレ率がゼロ%台前半にとどまり需要不足なので、歳出をもっと増やし消費増税も延期すべきだとなろう。低所得者・年金受給者への給付金を拡充し、世代間格差を是正する年金改革を断行して国民不安の解消を最優先すべきだとなる。同時に潜在成長率を高める規制緩和・構造改革、政府・医療サービスの電子化・効率化、インフラ投資・人的資本の開発も進めるべきだとなる。


現在国内総生産(GDP)比3%程度の経常収支の黒字は、国内支出が国内生産に比べて不足を意味しているので、政府歳出を増やして日本国民の生活水準を高めるべきだとなる。日銀は、金融政策の目的が物価安定から財政政策効果の最大化へと変更され、大量の国債保有と低金利政策はほぼ永続的に維持する。

MMTの実行可能性にはいくつか課題が残る。最大の問題は、増税は利上げ以上に国民の反発を招きやすく機動的な実行が難しいことだ。しかもMMTで拡充した社会保障制度を持続的に運営できると国民を納得させ消費を喚起するには、綿密な広報戦略が必要だ。インフレリスクが高まり社会保障給付の削減を余儀なくされれば社会保障制度は持続性を失うし、それを今から予想する国民がいれば消費を増やさないだろう。

第2に人手不足の中での歳出拡大は労働者の奪い合いを激化させて、民間経済活動を萎縮させる恐れがある。賃金は上昇圧力を高めても、企業間競争が激化し市場の縮小・横ばいが見込まれる中で販売価格への転嫁は容易ではなく、企業収益が圧迫されかねない。

しかもMMTは、低金利政策が労働生産性を下押しする副作用を軽視している。低金利環境では貸出金利や債券価格が企業の信用リスクを十分反映せず、不採算企業が温存され新陳代謝が緩慢となり、労働生産性の改善を妨げかねない。

第3にMMTは、低金利の長期化がもたらす市場のゆがみや、保険・銀行などの金融機関に及ぼす副作用への考察が少ない。

主要先進国では低インフレと低金利の常態化で財政赤字のコストが低下し、財政再建を急ぐ必要がないとの安心感が広がる。本来、少子高齢化社会では財政再建を遅らせるほど将来負担は高まるはずだ。財政再建が長期的にも不要なMMTが実現可能な新しい環境に世界が移行したのか、未来を見据えた議論が必要だ。
(慶応大学教授白井さゆり氏)

※MMT関連記事

最新の記事

  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    量子計算で磨く美

    2020.08.13
    量子計算で磨く美 2020年代社会を一変させる基幹技術として、量子コンピューターに注目します。量子コンピューターは創薬、物流の効率化やフィンテックへの活用が期待されていますが、コーセーが圧倒的な高速計算が可能な量子コンピューターを使った化粧品開発に乗り出しています。流行の変化が速まり、時間をかけて大型ブランドを育てる手法はもはや通じにくいです。原料や処方をデータ化し、狙った特性を計算で瞬時に導き出します。その先に目指すのは人ではたどり着けない「新たな美」の発見です。人生100年時代、いわば「人類の夢」の実現に近づきます。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    対中国 現代版「合従の策」

    2020.08.11
    対中国 現代版「合従の策」 近代の戦争は 軍事力以上に情報収集力・戦略構築が勝負の分かれ目と言われます。 7月21日 河野太郎防衛相は英議会のトム・トゥーゲンハット外交委員長ら議員団とのビデオ会議に臨みました。この時の河野氏の発言をトゥーゲンハット氏がSNS(交流サイト)で紹介しています。「ファイブ・アイズ」に日本を加えて「シックス・アイズ」にする アイデアに、河野氏は「歓迎する」と前向きに応じたとのことです。因みに、第二次大戦中の米英の暗号解読協力に由来するファイブ・アイズは、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドも加えた5ヵ国の情報収集・監視体制です。最近、日本も加えて6ヵ国体制とする案が出ています。実現すればインド・太平洋地域の安全保障に少なからぬ影響を及ぼします。日本にとっては、情報保護に関する法制が参加へのひとつのハードルとなります。8/10日経オピニオン(核心)で戦略的要となる対中情報網に関する意見記事にフォーカスします。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    手術ロボ広がる選択肢

    2020.08.06
    手術ロボ広がる選択肢 科学技術の進化、デジタル革命により、人類の夢とされてきた「不治の病が克服される日」が近づいています。AI(人工知能)とVR(仮想現実)やAR(拡張現実)を活用しロボットを駆使して遠隔手術や血液内の画期的な治療が実現しつつあります。昔、ハリウッドで「ミクロの決死圏」というSF映画をご記憶の方は少なくないと思います。医療チームを細胞(ナノ)サイズに縮小してVIPの血液に送り込み病原体を攻撃するストーリーです。このような夢物語が実現する道筋が見えてくる近未来の話題をお届けします。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    ロジスティックス4.0

    2020.08.04
    ロジスティックス4.0 「コロナ禍が産業構造を一変。」その代表格は物流のイノベーション革命です。 人工知能(AI)で配送ルートを最適化したりトラックの空き情報をマッチング させて積載率を高める試みです。あらゆるモノがネットにつながる「IOT」を 駆使する物流の創造的革新『ロジスティック4.0』の幕が上がりました。この波が 鮮明に表れているのが、不動産投資信託(REIT)です。3月ショッピング センターなどを保有する「日本リテールファンド投資法人」が売られる一方、 倉庫など物流システムを持つ「日本プロロジスリート投資法人」が買われました。 3密リスクから店舗小売りに代わり密とは無縁のネット通販は人気を集め物流 施設の需要が高まりました。いわば、マネーが読む産業の覇者交代です。 続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

ご用件
お名前※すべて入力必須。当該内容の回答に使途限定。
ふりがな
郵便番号
ご住所
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容(項目及び年齢層をご記入ください)
・投資(株・債券・為替・投信)・資産形成(金融・不動産)
・リタイアメント・生保(医療含む)・相続 等)

個人情報保護規定(クリックして確認する)