資産設計&RM(リスク管理)コンサルティング Future Management & Solutions

MSマガジン

人生、経済生活、常におカネに左右されがちです。
人生に色々なことがありますが、どのような場面においても心豊かな人生の為に、金銭的に自由になることが一般的に理想です。
そのような人生を全うすること(経済的自由人)を目標にしたいものです。
皆様の人生を、より安心で実りあるものにするために、ヒントとなる情報を提供したいと存じます。

マーケット動向・最新の注目ニュース

バイオ新薬開発ラッシュ

2018.07.17
バイオ新薬開発ラッシュ
「核酸医薬」資金集まる 

米で成功 スタートアップに追い風

新しいバイオ医薬品の一種、核酸医薬を手がける創薬スタートアップが開発を加速させています。大型の核酸医薬が米国で登場し、その成功の連想もあり開発資金が集まりやすくなったことが背景にあります。長く注目を集めながら低迷していた核酸医薬が本格的に花開こうとしています。

       


「核酸医薬への注目はかつてないほど高まっている」とリボミック社は強調します。開発を進めてきた核酸医薬「RBM007」の初期の臨床試験(治験)を8月に米国で始めます。

007は加齢黄斑変性は網膜の黄斑という部分に異常な血管ができ出血を繰り返し、黄斑が変性して視力が失われます。

同疾患の薬の市場は約1兆円です。現在の薬はVEGFという体内物質の作用を邪魔して異常な血管の新生を防ぎます。007はFGFという物質に付着して作用を邪魔し、血管新生と黄斑変性の両方を防ぎ既存薬を上回る効果が期待されます。マウス試験で効果は確認済みです。

SBIバイオテックの米子会社も7月、最終段階の治験を米国で始めました。同社が手がける核酸医薬「QPI-1002」は急性腎不全の治療薬。急性腎不全は心臓手術後に腎臓が急に機能を失うもので手術を受けた患者の3〜4割が発症し、うち2〜5割が死亡します。対象は世界に数十万人いる計算です。

同疾患は手術後に腎臓に一気に血液が流れ込むストレスで、腎細胞のP53という遺伝子が働き細胞が自殺して発症します。1002はその遺伝子を切断し、働かないようにして腎細胞の自殺を防ぐ仕組みです。3年後の承認申請を視野に入れるSBIバイオテック社は(売上高1千億円超えの)「ブロックバスターになる」と期待します。

2002年に大学発創薬企業として国内で初めて上場したアンジェス社も動きます。今年2月に腰痛症に対する核酸医薬の初期治験を開始しました。椎間板で炎症を起こす物質がDNAから転写され出てこないよう、転写を邪魔する核酸医薬を投与します。「米国だけで少なくとも300億円の市場が狙える」と語ります。

核酸医薬の治験が相次ぐ背景には、米国での大型新薬の成功例があります。
16年に承認された米バイオジェン社の神経難病治験薬「スピンラザ」は17年に8.8億ドル(約980億円)を売上、20億ドル到達も近いとされます。

寝たきりの幼児が立てるようになるなど劇的な効果があり「核酸医薬はいまひとつという印象が吹き飛んだ」(リボミック社)。これを追い風に各社の資金調達環境も好転しました。

アンジェス社は17年に80億円、リボミック社は今年に20億円の増資に成功しました。SBIバイオテックの米子会社も米国での上場を準備します。米国では承認申請中の核酸医薬が複数あります。日米とも活況がしばらく続きそうです。



遺伝子に作用する「核酸医薬」
市場は急拡大


    

核酸医薬は、遺伝子の厚生成分であるDNAやRNA(リボ核酸)などで作られた医薬品の総称です。遺伝子をターゲットにできるなどの点で期待が高かったですが、体内で分解されやすいのが大きな弱点とされてきました。
1998年に初の核酸医薬が米国で登場したものの、その後は実用化ペースは遅く04年と13年に1つずつ。売り上げは数億円台に低迷しました。
しかし16年に「スピンラザ」と、米サレプタ・セラピューティクス社の「エクサンディス」が登場し状況は一変しました。英調査会社エバリュエートによると、17年の市場規模は10億ドル強と前年比87倍になりました。同社は24年に113億ドルに育つと予測します。
(出所:日本経済新聞)


最新の記事

  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    ポストコロナ社会。働き、学び、地域創生

    2020.09.25
    ポストコロナ社会。働き、学び、地域創生 2020年は、新型コロナショックにより、人々の考え方・行動様式・働き方等が根本的に変わりつつあります。 9月16日 菅内閣が成立、目玉である規制改革の一環でデジタル化を経済政策・成長戦略の柱に動き始めました。 東京一極集中から地方創生につながるDX(デジタル・トランスフォーメーション)革命がベースとなる大変化です。 前安倍政権からの「働き方改革」を地方で 具現化するはっきりとした形を成してきました。2020年代、あと戻り できない「社会構造変化」の波を迎えます。9月16日 和歌山を皮切りに、10月、11月にかけて鳥取、妙高で 「ワ―ケ―ション会議」が連続開催されます。この「ワ―ケ―ション(Work+Vacation)」に フォーカスします。 続きを読む
  • 資産設計・資産運用・リスクヘッジ

    資産運用の相談先

    2020.09.23
    資産運用の相談先 コロナ禍で、世界的に超低金利が更に長引く様相です。一般個人にとって、固定金利商品による資産形成・運用は至難の業です。 かつて 年7%を複利で運用すれば、元金は10年で倍増しました。ゼロ金利での資産運用では1000年超でも不可能です。経済・金融知識を身に付け、少しリスクを取れば、有利に運用することは可能です。その為には良い指南役を選ぶことが肝要です。コロナショックのお陰で、社会が様変わりしそうな今、チャンスは少なくありません。資産運用の相談先をご紹介します。 続きを読む
  • マーケット動向・最新の注目ニュース

    菅内閣発足に伴う相場兆候

    2020.09.17
    菅内閣発足に伴う相場兆候 菅内閣の発足が関心を集めるなかで、東京株式市場では 先行きを地道に探ろうとする投資家が注目するのが、景気の先行指標としてのモノの動きです。生産体制の正常化などを背景に一部では荷動き回復の兆しがあり、関連銘柄には先回りの買いが入っています。そして中小型株に投機資金が向かっています。中小型株は大型株に比べて値動きが軽く、先々の業績期待を早めに織り込みやすいです。内需関連が多く、国内景気の先行きを占ううえで参考になります。現状は一部の業績に限られますが、物色対象が広がれば、息の長い価値上昇につながる可能性があります。 続きを読む
  • 不動産と動産と金融商品

    国際株式型投信、為替ヘッジ有り無し

    2020.09.15
    国際株式型投信、為替ヘッジ有り無し 国際株式型投信を選ぶ際、為替ヘッジの有り無しを迷う場合があります。 日本円で投資する場合 為替の選択は重要です。歴史的に円高ドル安に振れた時代が 長かったので、その影響はとても大きかったからです。しかしながら今世紀に入り、 特に2012年末から前安倍政権が発足して以降、大規模金融緩和・低金利化に伴い むしろ円安ドル高傾向が続きました。今年に入り コロナ禍に伴い超低金利化が加速 しました。また米中貿易戦争やアジア太平洋情勢の緊迫化に伴い、政治的リスクは 増しています。円投資ゆえ 為替リスクは避けられませんが、先行き長期的には国際 投資としての妙味もあります。本日は 投資信託の為替ヘッジにフォーカスするとと もに、今年3月末に国際株式投信を為替ヘッジなしで投資した実例をご紹介します。     続きを読む

お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせ

ご用件
お名前※すべて入力必須。当該内容の回答に使途限定。
ふりがな
郵便番号
ご住所
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
電話番号
お問い合わせ内容(項目及び年齢層をご記入ください)
・投資(株・債券・為替・投信)・資産形成(金融・不動産)
・リタイアメント・生保(医療含む)・相続 等)

個人情報保護規定(クリックして確認する)